英語恐怖症を克服!初級から始める英会話

サイトマップ

誰でもすぐに始められる、英会話学習のための情報サイト

【番外編】教材

英会話初級者が、教材を使って独学で勉強することのメリットやデメリットを考察。費用についてもまとめてみました。

【番外編】初級者にぴったりのレッスンを探せ!独学編

英会話教材

このサイトでは、グループレッスン、マンツーマンレッスン、そしてオンラインレッスンのメリットやデメリットについて考えてきました。

そもそもレッスンを受けるのではなく、教材を使って独学するという選択肢もありますよね。では、独学で学んだ場合、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

教材による独学のメリット

英会話の教材を利用して独学する方法のメリットとは何でしょうか。

自分のペースで進められる

独学のいいところは、自分の納得できるペースで進められるところ。わからないところがあるのに先に進まれてしまった、なんてことはありません。自分がわかるまでじっくりと取り組むことができます。

また、どんどん進めたい人は自分のペースで先へ進めていくこともできます。進みの遅いほかの受講者や、のんびりした講師にペースを崩されることはありません。

コストがかからない

教材の費用の初期投資は必要になりますが、教材さえ買ってしまえばもうコストはかかりません。

レッスンは、長く続けるほど費用もかさみます。教材はどれだけ長く取り組んでも、何回繰り返してもコストは同じ。

聞き流すだけの気楽なものも

教材によっては、「ただ聞き流すだけで英語力がアップする!」というものもあります。スクールに通って、講師を相手に慣れない英語でしゃべって…というプレッシャーがないので、気軽に取り組むことができます。

教材による独学のデメリット

自分のペースで自由に勉強できる教材を使った英会話勉強のデメリットとは?

質問できない

教材の中にわからないものがあっても、質問する相手がいません。自分で解決しなくてはいけないのは大きなデメリットだと思います。

間違いに気づかない

教材で勉強していても、自分が間違っていることに気付けない可能性が大いにあります。英作文の間違いはもちろん、発音の良し悪しも自分ではわかりませんよね。

効果には疑問も?

英語の教材だけでは、どうしても上達が難しいという意見は数多くあります。特に、聞き流すだけの教材については、初級者が上達するのはかなり難しいと思います。どちらかと言えば、中上級者がさらにステップアップしたり、英語の耳を維持するのに使うものではないでしょうか。

教材での独学の費用は?

では、教材を使って独学で学ぶ場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。代表的な教材の例を紹介します。

スピードラーニング:211,500円(税別)初回セット9,400円、2~48か月目はそれぞれ4,300円

スピードラーニング

プロゴルファー石川遼選手の宣伝でおなじみのスピードラーニング。ただ聞き流すだけで英語が話せるようになる、という教材です。テキストも使わず、ただ聴くだけなので非常に気軽に始められます。

英語のあとに日本語が収録されているので、辞書やテキストがなくても英語を学ぶことができます。

1,000時間ヒアリングマラソン:53,784円(税込)

1,000時間ヒアリングマラソン

英語教材でおなじみの、アルクの教材。1年間毎月教材が送付されるスタイルです。30年以上にわたって英語教材を提供してきたアルクならではの教材が魅力。

たくさん英語を聴く「多聴」、そして集中してじっくり聴く「精聴」のバランスが取れており、英語を聴く能力を高めることができます。

家出のドリッピー:48,000円(税抜)

家出のドリッピー

こちらで紹介している教材の中ではもっとも古い教材だと思います。英語初心者向けに書き下ろされた、サスペンス物語を聴いて勉強するというもの。テキストやノートも用意されており、楽しみながら英語の基本を身につけることができます。